SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

choco holic* blog

<<  手術 | main | 術後1日目 >>
 手術
28日の朝までずっと吐きそうになりながらも我慢して吐かなかったチョコ。
朝イチで病院へ。

造影剤を飲んでから24時間後のレントゲン。

腸のほうへ造影剤は流れていますがその流れ自体も弱く細いと。

先生は腸は問題なさそうだけどやっぱり胃に異物があるんじゃないかと。
レントゲンには胃に小さな突起物のような線のようなものが写っていました。
先生の出した選択は

1. 異物と断定できないが試験開腹(あやしいのでお腹を開けてみよう、ということ)手術

2. 内視鏡で胃の中を確認し、異物が断定できてから開腹手術をする。(ただしこの病院では内視鏡検査はできないので、他の大きな病院を紹介しますと)

このどちらか。
・・・。どっちにしても手術、ということなんですね・・・。

私は手術・お腹を切る、ということにすごくショックを受けて。
昨日夫に経過を話して「どうしよう。手術になるかもしれない。」と
言ったら夫は「チョコが楽になるならいいと思う。」って。

これが父と母の違いなんでしょうか。(って私が生んだわけじゃないけど)

夫とは異物が確認できないのにお腹を切るのは心配だから、内視鏡を選ぼうと決めていたので先生に他院を紹介してもらうことにしました。

紹介された病院はチョコの仲良しのポンちゃんも通っている病院だったので
少し安心しました。
先生が紹介先病院の院長先生に診療のお願いの電話をしているときに
「重症のこばっかり送って申し訳ないです。」
と言っていたのが妙にショックでした。

「・・・やっぱり重症なんですね」
分かっているけど烙印を押された気がして・・・。
紹介された病院はものすごく大きな設備の整った病院でした。

すぐに診察室に呼ばれて診察してもらうと先生はとても分かりやすくお話してくださって、チョコにもとても優しく何度もチョコの頭を撫でながら話しかけながら的確に処置をしてくれました。(飼い主に話しかける獣医さんは多いと思うけど、患者さんに、チョコの目を覗き込み話しかけながら処置をしてくださったのは感激でした。)

急性膵炎の可能性がないか、また全身麻酔下での内視鏡検査にリスクが
ないかを見るために採血と点滴をさせてくださいと。
採血中のチョコは全く動かず 固まったまま、じっと上目遣いで私を見ていました。
きっと動くと気持ち悪いのと、余力がなく固まっていたんでしょう。
「えらいね。チョコはいい子だね。」と褒めても目を細めるだけです。

レントゲンももう一度撮りました。先生は胃より腸を疑っているようでした。

触診でお腹に硬いものがあると。でも触ると痛がるので、内視鏡検査で
眠っているときにしっかり触って診てみますということでした。

採血の結果は炎症反応が少し上がっているだけで他は正常値。

内視鏡検査は午後。そこで異物が確認されたらそのまま手術になる予定です。
内視鏡が終わったら電話しますとのことで私は帰宅しました。


チョコのいない我が家の静かなこと・・・。
空間の温度が低い・・・。


夕方4時過ぎ、先生から電話。内視鏡の結果、胃と十二指腸には何もない
ことが分かりました。でも腸にやっぱり何か硬いものがあるとのこと。
これから開腹手術になりますがいいですか?という内容でした。


1時間ほどで手術が終わり先生から電話。
「手術が終わりました。スポンジみたいなものが腸に詰まっていました。胃は何もなく少し出血がある程度でした。麻酔が覚めるころに面会に来てください。」と。

夫は今日は会社の仕事納めで打ち上げがあったのですが、手術後の先生から
のお話を聞いてもらうために帰宅してもらいました。
7時過ぎ病院に行くとまずチョコのところへ案内してもらえました。

チョコは麻酔の影響もあってか ぼーっとして私が名前を呼んでも最初「??」っていう顔をしていました。顔つきも知らないパグみたいでした。
でも私を認識した途端、ぱっといつものチョコの顔に戻ったので安心しました。
エリザベスカラーをつけ、点滴をした状態でよろよろと柵ごしに近づいて
来て、私が顔をなでると目を細めて涙をため、少し泣いているように見えました。
経過がよければ明日のお昼から水分が始まるそうです。

チョコも疲れているので短時間の面会の後、先生から手術の写真と内視鏡
検査の映像を見せてもらい、腸から取り出した異物を渡されました。


・・・あいつだ・・・。

なぜ??

今までチョコから出たバッドキューズの数と実際のバッドキューズの足の数
が合わないけど・・・。

とにかくこいつが悪さしていたことが分かりほっとしました。
家に帰ったら新しいバッドキューズも全部足切ってやる!!!

しばらくは入院です。早くても1月4日に退院だそうです。


・・・。

年末年始はチョコがいないです。寂しいです・・・。

病院がやってる30日までは面会に来ても良いということなので明日、あさってと様子を見に行ってきます。

こんなことになるなんて。
悪いことは急にやってくるんだな。
思ってもみないときにやってくるんだな。

今日はチョコちゃんやっとグッスリ眠れるかな?



長いのに読んで下さってありがとうございました。
| 病気・けが | 23:26 | comments(15) | - | - | - |
ここ2,3日心配で仕事も手につかず・・・
とても安心しました。

いい病院と先生に正月前にめぐり合えただけでもとてもラッキーだったと思いますよ。
| まさ | 2007/12/28 11:51 PM |

手術が無事に終わってなによりですね。
一日も早く快復することを祈ってます。
そしてまた元気にかけっこしているチョコちゃんの
写真を待っています。
| とらぱぐ | 2007/12/29 12:03 AM |

まささんへ>

>ここ2,3日心配で仕事も手につかず・・・

おぉぅヾ(´゚Д゚`;)ゝ大変!

でもありがとうございます。すごく嬉しいです。
無事に手術が終わってチョコが楽になってよかったです。
そうですね。本当によい先生に担当してもらえてすごく
良かったです。それだけで安心できました。
| miho | 2007/12/29 12:15 AM |

とらぱぐさんへ>

ありがとうございます(pωq)
ほんと、何よりです。
明日病院に行って面会する予定なのでチョコの写真を撮ってこようと思います。
チョコが退院したら家族で盛大に快気祝いしようねって
夫と話しています。きっとものすごく甘やかしちゃうと思います・・・。
| miho | 2007/12/29 12:20 AM |

>無事に手術が終わってチョコが楽になってよかったです。

まだ予断を許さない状況なのかも・・・と思ってましたが、楽になったんですか良かったです。

多かれ少なかれパグ飼いなら修羅場は経験するもんですね・・・
開腹まではなかったんですが、自分も同じような経験ありますよ。
それからはずっと元気で今12歳です。
飼い主も成長するもんですね。
元気なチョコちゃんの画像楽しみにしてます。

バッドキューズは足といわず全部><


| まさ | 2007/12/29 12:23 AM |

チョコくん。顔がやつれて。
写真でも辛そうなのが伝わってきます。
今ブログ見てビックリしました。
手術は危険が伴うけど、おこなって良かったですね。
体力も削られているし、僕も熱帯魚で弱っている魚を回復させる難しさを知っているので(チョコくんと比べて悪いいけど・・)今後、本当に安静に、慎重に、やった方がベターと思われることは全てやってあげた方が良いと思います。
入院中で管理されていても、いつも使っている毛布を近くにおいてあげるとか。
回復をお祈りしています。
| ぶんぶん | 2007/12/29 12:58 AM |

チョコちゃんたいへんな事になっていたんですね
でも原因がはっきりして不安が取り除かれて
よかったです・・・。
チョコちゃんもがんばったね。
まだ入院中ということでお正月も寂しいかと思います
がまた年明け元気なチョコちゃん見られるの
待ってます。早く元気に退院できるよう祈ってます!
| ぐぅぼんこ | 2007/12/29 1:25 AM |

ドキドキで日記読んでました。
無事手術が終わってホントによかったですね。
チョコちゃん、良く頑張ったね!!
mihoさん、お疲れ様でした。
ここ数日の心労を思うと…(´;ω;`)

1日も早くチョコちゃんのかわいい笑顔、思いっきり走り回るカッコイイ姿がみれるのを楽しみに待ってるね〜(*ゝω・)
| こふみ | 2007/12/29 8:03 AM |

ここ数日、ブログの更新がなかったので、まさかまさか、と思いながらチョコちゃんの無事を祈ってました。
チョコちゃんのやつれた顔の写真を見た途端に、(TT)。
その後を読むのが怖かったのですが、うーん。良かった!
原因の異物がとれて良かった。もう、うれしくて、またまた(TT)
パグは手術の際の麻酔が難しいと聞いていますが、チョコちゃんは、無事だったのですね。母の心配、父の決断、素晴らしい、ご両親(というか飼い主さん)に恵まれたチョコちゃんは幸せもんですね。
はー。良かったー。
うちのまるも、いよいよ、足腰が立たなくなってきましたが、18歳でもがんばってます。今日は、お正月用に近所のペットショップできれいにしてもらってきます。
チョコちゃんとご家族皆様が、素晴らしい年を迎えられますよう、心からお祈り申し上げます。
| とら | 2007/12/29 10:30 AM |

ずっと自分のブログさえ放置していて、
久しぶりにみんなのところに訪問してログを読み漁っていたら、
すごくビックリしました・・・(´;ω;`)

経過より結果から読んでしまったので、あとでまた戻って読みました。泣けてきました。mihoさんとお父さんの不安な気持ちも、想像しただけで胸がギュッと痛みます。

チョコちゃん、辛かったけどすごく頑張ったね。
悪いことは急にやって来てしまったけど、良い病院を紹介してもらって、信頼のできる獣医さんに見てもらって、手術も無事に済んで・・・、上手く言えませんが、悪いことの中でも運が良かったのかもしれない・・・って思いました。

退院して、また元気なチョコちゃんが戻って来ることを、心から祈っています。


・・・でも、本当に手術が成功して、原因もわかって、良かったです!
| おこげ母 | 2007/12/29 1:01 PM |

チョコちゃん少し良くなったと思ってたら・・・(><)
でも手術も無事に終わってほんとに良かったですね!

麦と玄米は有難いことに病気やケガもあんまりなくて
病院にもめったに行かないし
もし2人に何かあって「手術」って言われたら
わたしは確実にパニくると思います。。。

だからmihoさんもきっとすごく不安でいっぱいだったと思います(涙)
面会でチョコちゃんが泣いてるようにも見えたっていうのを見て
私も涙が出てしまいました(:;)小さい体でよく頑張ったね!

年明けに退院ということでしばらくは寂しいですね・・・。
病院でしっかり休んで元気に戻って来てくれることを
わたしも心から祈ってます。mihoさんも元気出して下さいね!
| むぎっこ | 2007/12/29 1:48 PM |

「手術」というタイトルに
最初背筋が凍ってしまいました。

mihoさんと旦那様の不安な気持ちと
具合が悪いのに一番安心出来る人から
離れてしまうチョコちゃんの心細さ。
チョコちゃん不在の夫婦2人だけのお家。
思わず涙が出てしまいました。

原因も分かり異物も無事取り出せて良かったですね。
物足りない年越しになってしまうかもしれませんが、
チョコちゃんが帰ってきたら、その穴を思う存分埋めて下さいね!
どうかまた元気なチョコちゃんと幸せいっぱいのmihoさん一家のご様子を拝見出来る日を待っています。
| ミカ | 2007/12/29 7:26 PM |

原因がわかり、それを取り除いたことでほっとはするものの、帰ってくるまではやっぱり心配ですね。
あんなちっちゃい体で・・・よく頑張ったね(T_T)泣けちゃうわ
ブログのサンタチョコちゃん見てるだけでウルウルしちゃう
でも紹介先の病院&先生が本当に信頼できそうな良いところでよかったですね。
退院までちょっとかかりそうですがmihoさん、元気を出してくださいね^^
退院後のチョコちゃんの元気な姿、娘と楽しみにしてますね♪
チョコちゃんがんばれ〜
| へちゃこ | 2007/12/29 8:43 PM |

まささんへ>

まささんのパグちゃんは12歳ですか!
すごーい!きっとすごくかわいいんでしょうね^^

今日チョコに会って来ました。
ちょっと元気になっていてほっとしました。

バッドキューズは全て処分しました。


ぶんぶんさんへ>

本当にやせちゃったでしょう〜(T T)
悲しい・・・。
入院生活が快適に・・・。先生も看護師さんもとっても
きちんと挨拶のできる優しいスタッフばかりなので
安心しています。
チョコのお気に入りの毛布、術前に渡したものをちゃんと
敷いててくれてました。


ぐぅぼんこさんへ>

チョコがこんなことになるなんて、本当に思ってなくて。
でもよい先生、病院に担当してもらえることができて
とってもよかったです。
二度とこんなことがないように、チョコを辛い目にあわせないようにもっともっと気をつけようと思いました。
元気な姿、私も早く見たいです!!


こふみさんへ>

ご心配をおかけしました。チョコはお陰様で順調に回復(今度こそ本当に!)しています。
私も本当に胃が痛い数日でした。チョコと双子のようにリンクしてる?と思ったくらい。
私はチョコが居ないと生きていけない・・・と痛感した数日でした・・・。
退院したらもっと甘やかしてしまいそうです・・・。
| miho | 2007/12/29 11:10 PM |

とらさんへ>

ご心配ありがとうございます。チョコの痩せた姿、わたしも
見ていて見る見る間に痩せていくチョコをみて泣いてばかりいました。
麻酔は、侵襲の少ない麻酔薬を使いますから心配しないでと
先生がおっしゃってくれていたので麻酔に関してはそんなに
心配していませんでした。それより手術の傷がどんな大きさ
になるのかがとても心配(術後の経過にも関わるので)でした。
まるちゃんは18歳!なんですか。すごい!それを聞いただけで元気をもらえます。ありがとう。


おこげ母さんへ>

ありがとうございます(ノω・、)
私も悪いことは起こったけど、それでも信頼できる人たちに
出会えてそれは運が良かったのだと思います。
チョコに長い間辛い思いをさせてしまったことが悔やまれますが退院したらいっぱい遊んであげたいと思います。
たくさんはぐはぐしたいと思います。


むぎっこさんへ>

今までチョコは元気で丈夫なこだーと思っていましたが
不注意でこんなことになるなんて、本当に悲しいです・・・。
私もかなりパニクってましたよ。

初詣でチョコの健康を思いっきり願ってこようと思います。


ミカさんへ>

ありがとうございます(´_`。)グスン
私も手術と先生から聞いたとき、がーんと頭の後ろ側を殴られたような気がしました・・・。
紹介先の病院では、もし胃の中に異物があれば開腹手術でなくかんしという器具で取り出せるかも知れない、と聞いてちょっと希望を持ったのですが、結局手術に。
でも夫の言うように、チョコが元気になったので良かった。
私も家族3人で早く一緒にいられるようになりたいです。

へちゃこさんへ>

ありがとうございます。ご心配をおかけしました。
順調にチョコは回復しています。
一緒にいられないのはすごくすごくさびしいけど、チョコは
ひとりで頑張っているのでチョコが退院したときに家族一緒に楽しめる方法を考えたりして待っています。
| miho | 2007/12/29 11:45 PM |